Carpediem Life
あなたはなぜ東大に?〜亡き祖父の思いを胸に〜

あなたはなぜ東大に?〜亡き祖父の思いを胸に〜

 

皆さんはじめまして!現役東大2年生の永田耕作です。

 

今回の記事では、僕がなぜ東大を目指したのか、そのきっかけや、どのように勉強して東大に合格したのかについて話していきたいと思います。

 

 

僕が東大を目指した理由

 

僕が東大を目指した理由には、家族が大きく関わってきます。

 

僕の地元は名古屋で、父も姉も名古屋大学でした。

地元思考が強かったので、僕も高校に入った頃は、絶対に東大に行きたいといった明確な目標はなく、「できる限り上を目指そう!」という意気込みで勉強していました。

 

上位校を目指していた僕に、親戚の人は「名古屋から近い京都大学がいいんじゃない?」と勧めてくれていました。

 

しかしある時父が、普段頑張って勉強している僕をみて、「お前には素質があるから、せっかくなら最難関の東大を目指してみたらどうだ?」と声をかけてくれました。いつもそばで見てくれていて、尊敬する父のこの言葉は、僕にとって大きな自信になりました。この言葉で、東大を目指そう!と決意したのです。

 

そして、東大を目指す上で、祖父の存在も大きかったです。小さい頃から僕のことを可愛がってくれていた祖父は、「耕作が東大に行くまでは死ねない」といつも言ってくれました。周囲の人が「東大は難しいのではないか?」と言う中、祖父はいつも僕なら合格できると信じてくれていたのです。

 

しかし、そんな祖父は、僕が高校生になったタイミングで急死してしまいました。その時はとてもショックでした。

 

もし祖父が生きていれば、東大に落ちてしまっても、「おじいちゃん、ごめん、やっぱり東大はダメだったよ」と顔を見て伝え、ケジメを付けることができました。

 

しかし祖父が亡くなり、そんなことはできなくなったのです。それならば、「亡くなる直前まで僕の東大合格を信じていた祖父の思いを実現したい。」その思いを胸に、なんとしても東大に合格しようと強く決意しました。

 

その決意を胸に、僕は東大受験に立ち向かいました。それができたのは、プレッシャーをかけすぎることなく、僕の意見を尊重しながら、「適度な」期待を持ってくれる家族がいてくれたからこそだと思います。

 

 

 

高校野球と両立してつかんだ、東大合格

 

高校時代、僕は、野球部に所属していました。それも、夏の大会が終わって、引退するまで続けました。

 

「野球を3年間やりながら東大に合格するなんてできるの?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、むしろ野球で学んだことのおかげで東大に合格できた、と僕は思っています。

 

確かに野球部の練習は夜遅くまで続くため、平日はなかなか勉強時間を確保するのが難しかったです。練習が辛く、途中で辞めたいと思ったこともあったのは事実です。

 

しかし、デメリットだけでなく、勉強以外に打ち込むことがあったおかげで、「短時間で勉強に集中して取り組まなければいけない!」と、勉強の質を大きく向上させることができたのです。

 

そして何より、野球を通して、目標に向かって真剣に一つのことに取り組む姿勢が身につきました。野球部引退直後の夏の模試では、まだ勉強不足だったため東大合格には遠く及ばない成績でした。

 

しかし、それまで野球に集中して取り組んできたからこそ、受験勉強にも「東大合格」という高い目標を掲げて勉強に打ち込むことができました。すると、成績は徐々に上がっていき、現役合格を掴み取ることができたのです。

 

 

かくして僕は、亡き祖父の思いを実現することができました。

 

「誰かのために」という思いは、時に強い原動力となります。皆さんも、自らの原動力となるようなものをぜひ見つけてみてください!

 

永田耕作のプロフィール画像

永田耕作

東京大学理科一類から教育学部に進学。現在3年生。教育事業部の実働、講演担当。大の旅行好きで、日本中を飛び回ってはその場所にあるストリートピアノを弾くことにハマっている。現在31都道府県のストリートピアノを踏破。