Carpediem Life
数学は役に立たない?東大生が考えた数学を学ぶ本当の意味

数学は役に立たない?東大生が考えた数学を学ぶ本当の意味

 

突然ですが、最近文系の大学入試に数学を導入する機運が高まっていることはご存知でしょうか?昔から、私立大学の入試は少数科目で、高い個別学力能力が求められていました。

 

しかし、早稲田大学政治経済学部という、早稲田の看板学部で入試科目における数学の必須化が行われました。2021年の入試から行われたため、入試直後には話題になりました。

 

そもそも数学という科目は実生活で使うことがあるのか、という問いはもはや高校生のみならず、全ての学生にとっては永遠の難問ではないでしょうか?もちろん数学や、経済など大学に入ってから数学の基礎がわかっていないと先に進めない学問分野があることは確かです。

 

しかし、一般生活をする際に、算数を使うことはあっても、数学を使う機会はごく僅かです。皆さんの生活の中で指数対数のグラフを思い描くことはあるでしょうか?ないですよね。正直、四則演算さえできれば、普段の生活で困ることはないと思っている人がほとんどです。

 

数学という学問を使うことは実生活ではほとんどない。しかし、義務教育である中学校の教育内容でも、二次関数までは必ず習うわけです。なぜ、数学を勉強しなければならないのでしょうか?

 

この問いに対して、私は数学という学問から学ぶ、数字を取り扱う能力以外の能力があると思うのです。

 

 

数学を学ぶと得られる能力

 

数字を取り扱う能力以外の、数学を学ぶことで得られる能力。それは一つ一つ順番に物事を解決していく能力であると私は考えています。

 

これだけだと何を指しているのかはわかりづらいかもしれません。しかし、この能力は日々の生活で必須の能力です

 

例えば、文化祭の出し物を話し合うときのディスカッションの進行をするとしましょう。お化け屋敷、模擬店、舞台・パフォーマンス系、などクラスからは人気の出し物が案として出されることが予想されます。

 

さて、どう話し合いを収束させていくか。話し合いの進行という役割において大事なポイントになります。ここで、全ての意見をまとめて聞こうとすれば失敗しますよね。

 

話し合いを進めるために、まずは、一つ一つの案の具体性、実現性、クラスの盛り上がる可能性、などを整理しなければいけません。クラス全体でまとまって一つの案に決定しなければいけませんから、全体的に賛同を得られるような案を決定するための要素に合わせて、分解して検討する必要があります。

 

他にも、作業をしていて問題が発生してしまった場合にも、順番に物事を解決していくことが大事です。期日までに終わらなかったという問題が発生しました。

 

このとき、誰が、何を、いつ、どこで、ミスを起こしてたから、問題が発生したのか、詳細に分析をして再発防止を考えなくてはいけません。様々な人、モノが関わっている場合は非常に複雑になっているので、見当をつけてどのあたりを見れば良いのかを探るところから始めます。

 

 

なぜ数学から得られるのか?

 

社会で生活する中で起こる問題は、さまざまなものが絡み合った、複雑怪奇なものばかりです。だからこそ、何から手をつけていいのかわからないこともしばしばあります。

 

そこで、数学の考え方が役に立つのです。数学の問題を解く時、基本的には変数は2つから4つ程度です(もちろん例外はたくさんあります)。また、数学の問題を解くときには、これらの全ての変数を同時に動かして問題を解くことはありません。文字固定、すなわち、自分が変数として考えたい文字だけを見て考えていきます。

 

例えば、x^2+y^2-2xy+3x-4y+5の最小値を求めよ、と問われたら、xとyを同時に考えるのではなく、まずxについて平方完成をして、次にyについて平方完成をして最小値を求めていきます。xとyを両方同時に見ることはありません。

 

数学の問題を解くことを通して、物事を同時に処理しようとするのではなく、必要な部分にだけフォーカスして解決する練習ができるのです。

数学の問題のいいところは、変数が少ないところや、条件が決まっていてはっきりと正解不正解がわかるところです。社会に出てからは何が正解で何が不正解なのか、はっきりとわかることはないですよね。

 

社会で必要だと叫ばれている問題解決能力。問題を解決するためには、複数のことを同時に処理するのではなく、優先順位の高いものから解決していかなければなりません。この能力を養う練習ができる教科こそ、まさに数学であるのです。

 

そして、自分で問題を解決し、次のステップへ進める人こそ、主体的に自分から活動できるのではないでしょうか。

 

山田亮進のプロフィール画像

山田亮進

リアルドラゴン桜プロジェクト講師。主体的に勉強する楽しさを伝えるため日々奮闘中。オンライン授業の毎日で、生活は完全なニート状態。