Carpediem Life
現役東大生作家が考察 「誰かのために生きる人」が成功できる理由

現役東大生作家が考察 「誰かのために生きる人」が成功できる理由

 

「どうして東大生は、東大を目指そうと思ったのか?」

こう質問をしたときに、どんな答えが返ってくることが多いと思いますか?

まあ多くの場合、このように考える方が多いのではないでしょうか。

 

「お金を儲けたかったからじゃない?」と。

確かに東大に入れば、やはり年収が高くなりますから、お金を得たいと思って、東大に入ろうとしたのでは?と思う方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

またはそれ以外の理由として考えられるのは、「1番の大学だからトップを目指してみたくなったんじゃないか?」じゃないか?と考える人も多いのではないかと思います。1番頭がいいところに挑戦してみたかった、だから東大に来た、と。

 

しかし、結構な割合で、これって違う答えが返ってくるんですよね。

「世のため」「人のため」「誰かのため」「地元のため」

自分ではない、自分とは違う誰かのために東大合格をしたいと思ったと言う人の方が多いんです。

 

例えば地方出身で周りに東大志望が自分以外いなかったのに東大に来たような人は、「自分は人口3000人の村の出身だ。そして、この村を活性化させるために僕はここ(東大)に来たんだ。」「将来は地元に戻って、こうゆうことがやってみたい」というようなことを語る場合が多いのです。

 

また、流石東大というか、「官僚になりたい」という人も多いです。国を発展させたい、日本を良くしたい、だから東大に入って、官僚になるんだ、と。

 

あれだけ官僚がブラックで、他の職業についた方が個人としての幸せを得られそうなものなのに、なぜか官僚志望の東大生というのは根強い人気があります。

 

また、女性の方だと、「将来は国際系の仕事をしたい」という人が多いです。

自分のためというよりも、アフリカの貧困問題とか国際社会とか、どこかの国の誰かのために、何かをやっていきたいと考えている人が多いなと僕は感じるのです。

みなさん、これらのことをどう思いますか?

 

綺麗事だなぁ、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、僕もそう思います。

「自分の人生、自分のために生きればいいものの、人のために生きるなんて馬鹿らしいぜ」と。

「自分がやりたいようにやるべきなんじゃないか」とおっしゃる方もいらっしゃると思います。

 

しかし実は、そういうことではないんです。実は「誰かのため」と思っている人の方が、大きい結果を残すことができる場合があるのです。

 

確かに、「自分という人間個人の欲望」を大切にすることも大事です。それが主体性につながっていくこともしばしばありますから。

 

事実として、スタートはそれでいいと思います。お金持ちになりたいとか、有名になりたいとか。

 

でも、それが進んでいって、努力を続けた先で待っているのは実は、自分一人のモチベーションの弱さなのです。

 

 

「いじめられたくない」

 

僕の経験でお話をしましょう。

僕が東大を目指し始めたのは何故かと言うと、非常にシンプルな話で、“いじめられたくなかったから”です。悲しいことに、僕は負の感情から東大受験を目指しました。

 

東大受験を考えたのは、僕がすごいいじめられっ子で、「この状態でいたら、またいじめられるだろうな」と思ったからです。

ここではないどこかに行きたい。中途半端な自分は辞めなければならない。一つのことを努力できるような人間にならないと、ずっといじめられるだろうなと思い、だから東大を目指し始めました。

 

つまり僕は、自分のためだけに、東大を目指し始めたのです。

それが現役で落ちて、一浪で落ちてということになって、三年間受験というものを経験することになった時に、何度も「もう東大受験なんてやめようか」と思いました。受かるイメージがわかなかったし、がんばっても意味が無いだろうと思っていた時期が長かったです。

 

それでも、なぜ辞めなかったのか?

それは、受験勉強の途中で、【自分以外のモチベーション】を持ち始めるようになったからです。

 

 

受け取ってきたものの重さ

 

みなさんは「三月のライオン」という漫画をご存じでしょうか?その漫画の中でこんな話が出てきます。

 

70歳過ぎたおじいちゃんが、長い間、将棋の名人の座をずっと守っています。ずっと負けずに、なんとか、勝ち続けてそこまで来た。でも、ある対戦相手と戦って、負けそうになるのです。

ついに負けそうになったときに、彼が思い出すのは一体何かというと、『今まで自分にタスキを渡ししてきた人たち』のこと。

「俺はもうここで諦める。だからお前は名人になってくれ。自分はもう頑張れないんだ。だから申し訳ないけど、俺の分までがんばってくれ」

というようにタスキを渡してきた人たちを思い出すのです。

 

タスキを渡されて、50年以上戦ってきた。諦めて行った多くの人の、おびただしい量のタスキというのが自分の上に乗っかっている。これがめちゃくちゃ重い。

 

でも、負けそうになったときにやっと、はじめて、このタスキを捨てられるかもしれないと思うんです。

このタスキをやっと、下ろせるのか、と。

 

しかしそこで、「あ、でも違うな」、って思うんです。

 

今、自分がこの地獄みたいな業火の中で、焼かれながらも戦えているのはどうしてかと言えば、この「重さ」があるからだ。

この重いタスキを背負って、ここに立っているという状況にいるからこそ、火から逃げないでいられて、自分は頑張れるんだ。だから、ここのタスキを捨ててはダメなんじゃないか。

 

そう思って、自分を奮い立たせて戦い、そして、勝つわけです。

 

僕はそれを見たときに、あ、これだなと思いました。

僕もそうだったんです。僕は、東大を目指すとなった時に、東大に合格できなくて諦めて僕にタスキを渡す人間がたくさんいたんですよ。

「俺の分まで頑張ってくれ」と言って、僕にタスキを渡してくる人間がいました。そしてそのタスキを、僕は捨てたくなかった。

 

それにそのタスキはきっと、別の人にバトンとして渡せるはずなんです。

東大合格した時に、例えば僕の友達が、「あいつも頑張ってるから自分も、もうちょっとがんばってみよう」と思うかもしれないし、後輩が僕の背中を見て「じゃあ次の世代の僕らもがんばろう」と思ったりしてくれるかもしれない。

 

誰かに僕のがんばりが繋がるかもしれないと思えたから、ここで諦めたらその人たちに悪いなと思った。タスキを渡してくれた人たちにも悪いし、これから僕らが渡すタスキを渡す可能性がある人たちに対しても悪いと思ったのです。

 

だから僕は、努力を続けようと思って、東大を目指し続けることができたのです。

自分のためじゃなくて、他人のためだったから、僕は頑張り続けられた。

 

誰かのために生きるということ

 

みなさん、きれい事でいいんですよ。

 

人間なんていうのは、いつか死にます。いつか死んで、自分が得たかったものとか、考えたものというのを捨てる時が来ます。

 

そして、やはり、道半ばで亡くなる人の方が多いと思います。

 

よく、芸術家だの音楽家だのというのは、死んだ後にその天才性などが発掘されることありますよね。ゴッホもモーツァルトもそうだった。

でも、それでもいいんです。全力で駆け抜けて、駆け抜けてからやっとその後で評価されるというのは、割とあるわけです。

 

そう考えたときに、です。

お金とか、地位とか、名誉とか、そんな、チャチなものを得ても仕方ないんですよ。

 

自分だけのモチベーションだけでは、弱い。

そんなくだらないもののために、人間は戦い続けられない。

人間として欲望の質としては、そういうのは小さいんだと思います。

 

人間が大きい欲望とは一体何なのかというと、これは「人のため」とか「世の中のため」ということなんだと思います。自分以外の人も喜んでくれるようなことをしようとすると、それは自分を喜ばせるより難しくて、だからこそ大きな欲望であり得るわけです。

 

自分のために生きるのは、実は欲望としては、すごく小さいです。

誰かのために生きるとか、誰かを変えたいとか、世の中を変えたいという方が、実は願いというのは大きいものだったりするわけです。

 

僕は、だから「綺麗事を言おう!」と言っているんじゃありません。

やるんだらったら、願いとして「大きな願いを持て」と言いたいんです。

 

じゃないと、物事というのは継続しないし、いつかどこかで心が折れて、逃げる日がくる。そのときに、その場に留まって逃げないでいられるかというのは、“願い”や“想い”が「重い」かどうか。その一点に尽きるかと思います。

 

だからこそ、誰かのために生きるという人にならなくてはならないんじゃないかなと思います。

 

西岡壱誠のプロフィール画像

西岡壱誠

偏差値35、2浪という崖っぷちの状況で開発した独自メソッドで東大合格を果たす。著書多数。好きな寿司ネタはサーモン。