Carpediem Life
最初の2年は探検隊!? 東大の前期教養学部に迫る

最初の2年は探検隊!? 東大の前期教養学部に迫る

 

その日の先生 “Uh-huh, it’s like…General Education?”

私 ”Ahh…yeah, something like that. And it is called Liberal Arts”

 

始めてちょうど1年になるDMM英会話。冒頭には毎回、軽く自己紹介をする。そこでは大体こんなやりとりがある。先生に大学の学部を尋ねられたとき、

 

私の大学は初めの2年間「教養学部(前期過程)」なるものに所属して、3年からそれぞれの学部に進学するんです。だから私はまだどの学部にも所属してないんです。

 

と流暢に説明するのは些か難しい。

 

 

おっと申し遅れました、皆さんはじめまして! 板谷舞華と申します。私は2021年の春に「教育学部推薦生」として東京大学に入学しました。推薦生は、東大独自の「進振り」(3年次からの進学先を決める制度)を使いません。推薦入試を受験した時点で、3年生から進学する学部が決まっているんです。

 

とはいえ、そんな推薦生の私も、最初は「前期教養」に所属していることは変わりません。そこでは特定の専門分野というより、幅広い内容について学習することになります。この、「専門を決めずに幅広く学ぶ」という東大の前期教養について、皆さんはどんなイメージを持ちますか?

 

「専門的な勉強を2年間も遅れて始めることになるなんて無駄な時間だ!」

「資格の勉強に充てるべき時間を、どうして専門外の学習に充ててるんだ!」

そう思う人もいるかもしれません。

 

私も、「大学という、自分の好きなことを勉強できる場所に入ってまで、どうして苦手な理系の授業を取らないといけないんですか…泣」と思っていました。

 

でも実は、周りの友人と前期教養のことを話すと、出てくる意見は大方好意的なものばかり。今日は、この謎の「東京大学教養学部(前期課程)」で、学生がどんなことを学び、何を得ているのか、ご紹介していきます!

 

 

 

東大入学後、まず分けられる6つの区分

 

最初の2年間は全員が教養学部前期課程の学生です。こちらの6つのどれか(科類と呼ぶ)に属します。

 

 

受験するときにも、基本的にはこの6つの科類のどれかを選択することになります。とるべき授業のバランスや単位の数も、科類によって違います。

 

ちなみに私は文科三類に所属しています。文科三類は、他の科類に比べて自由度の高い授業選びができるといわれています。周りの友人が希望する進学先は、教育学部、教養学部、法学部、理学部…などなど多岐にわたります。

 

面白いのは、文科の学生でも理系の授業を受ける必要があることです(逆も然り)。しかも、その授業が結構本格的なんですよね。

 

例えば、量子論的な考え方を身近な物質の性質と照らし合わせたり、化学平衡・反応と熱力学を関連づけたり、東大の演習林に行って現地の植生を観察したりする授業があります。私はこの春からの学期で、植物のお医者さんが講義をする授業や、食べるという営みを科学的に分析する授業をとろうかなと考えているところです。

 

 

「前期教養」で期待されること

 

さらに、「前期教養」の学生はこの2年間で、「幅広い教養や視点を獲得すること」だけではなく、「3年次に進学した際の基礎となる学問的力量を身につけること」も期待されます。「学問的力量」などと聞くとなんじゃそりゃという感じですが、私はこの言葉を「知らないことや理解するのが難しいようなことから、逃げずに向き合い続ける忍耐力」みたいなものだと捉えています。

 

私は小学校の頃から文系科目が好きで、文系のコースで得られる知識や経験が将来やってみたい仕事にも役立つだろうと思って、文系の進路を選びました。でも、大学に入って色んな人と出会い、色んな社会課題を知っていく中で、「文理に関わらず学ぶ」姿勢が大切だと思うようになりました。

 

東大の前期課程は、そのような希望を満たしてくれる有難いシステムだと感じています。(もちろん計算やグラフの読み取りには手こずりますが、それを経験することに意味があると思って頑張ってます笑)

 

 

東大だからこそ味わえる「前期課程」の魅力

 

みなさん、いかがでしたか?

 

自分の進路をかちっと決めるタイミングは人によって様々であっていいと私は思います。高校卒業時点で既に定まっている人もいれば、もっと広い世界を見て検討したいという人もいるのではないでしょうか…?

 

東大の前半2年間で見えてきた自分の志向や心が揺さぶられた経験をもとに、しっかり吟味をしてから学部を決定できるというのは、この大学の魅力のひとつかもしれませんね。!何気なく履修してみた週1回の授業が、案外自分に合ってるやん!という発見もありますからね😁

 

私が前期過程で色んな分野に触れられるのもあと1年。3年生からの教育学部進学に向けて、まさに「教養を備蓄」できる貴重な時間を堪能したいと思っています。

 

まいまいのプロフィール画像

まいまい

教育推薦の東大2年生。夏の朝の目覚めは早すぎる日の出と蝉の声。元気の源はあんこ。趣味はフランス語勉強と野菜栽培。