Carpediem Life
東大理三は全員「天才」?「真面目ちゃん」?いいえ、そのどちらでもないんです!!

東大理三は全員「天才」?「真面目ちゃん」?いいえ、そのどちらでもないんです!!

 

「東大理三」と聞くと、皆さんはどのような人たちをイメージするでしょうか? 何もしなくても良い成績を取れてしまう「天才」の姿や、或いは先生の言うままガリ勉して良い成績に縋りついている「真面目ちゃん」の姿を思い浮かべる人は多いと思います。

 

しかし、実際にはそのどちらでもない人がたくさんいるのです。かくいう私も「勉強したくない…試験怖いよう…」と言ってばかりの高校生でしたし、それは大学に入ってからも変わっていません。

 

では、天才でも真面目でもない東大理三生というのは、どうして東大理三に入ることができたのでしょうか? その理由を書いていこうと思います。

 

 

 

東大理三生はこんな人たち 

 

まず、私が今まで見てきた東大理三生について、どのように勉強してきたかを見ていくと、大まかに以下の三つに分かれます。

 

  1.     東大理三合格者をたくさん輩出している鉄緑会という塾で課される大量の勉強をこなす
  2.     鉄緑会に入ることなく、手近な塾や学校の授業、映像授業などで勉強する
  3.     参考書のみで独学する

 

首都圏や関西圏の人はほとんどが1のタイプです。それ以外の地方出身の人などは2が多く、3のタイプの人は他の2つのタイプと比べて少なめです。

 

では、それぞれのタイプが具体的にどのような勉強法をしてきたかについてです。

 

 

 

量をこなすタイプ1

 

まず、タイプ1の人は基本的に色々と勉強する教材を選ぶことはなく、塾で課される大量の勉強をこなしています。

 

塾の宿題のために学校のでは授業を聞かずに内職をしている人もいて、ただ従順に大人に従うというよりはこなすべきものを見定めた上でそれを本気でこなしていっている印象ですます。

 

彼らの処理スピードは私から見てもかなり速く、勉強しなくても良い成績が取れる「天才」というよりは、自分で従うと決めた塾などの計画に沿って与えられた大量の勉強を効率よくこなしていけるタイプです。

 

 

 

戦略で攻めるタイプ2

 

次に、タイプ2の人について。私はこのタイプに入っています。私は処理スピードが速い方ではなく、鉄緑会の大量の宿題をこなす自信はありませんでした。

 

ですが、最小の勉強量で最大の効果を出したいと思っていたので、自分がどの教材・塾・映像授業を利用するかや、学校や塾の授業をどのように活用するかについて、自分の性質も考えてできる限り最良の戦略を立てていました(私はアウトプットを大量にこなすのが苦手だったので、宿題が少ない塾を選び、間違えたところにより時間をかけていました)。

 

課される宿題に時間を奪われることなく自由に時間配分を定められるため、ストレスを溜めることなく、自分に合った勉強スピードで勉強したり、実際の試験の時のシミュレーションなどに時間を割いたりすることができます。

 

処理スピードがタイプ1やタイプ3の人ほど速くない人でも、あらゆる手段を検討して自分に合った戦略を立てていけば、このやり方で理三に合格することができます。

 

 

 

胆力で1人でやり切るタイプ3

 

最後に、タイプ3についてです。このタイプの人は、大量の勉強をこなせるだけの処理スピードがあり、そして誰かに教えてもらわずともわからないところを自分で解決できるだけの胆力がある人です。

 

このタイプの人も、タイプ1の人と同じく大量の勉強をこなしており、タイプ2と同じように自分のペースで(先生など他の人に管理されることなく)勉強をしています。「天才」というよりは、どちらかというと計画を立ててそれをきっちり守るのが上手なタイプで、強い意志を持って勉強を続けて理三に入学してきています。

 

 

まずはやり方を模索してみる

 

この記事では東大理三に合格した人々を大きく三つのタイプに分類して解説しました。

 

東大理三生の多くは何もしなくても成績が取れる「天才」でも、ただ大人に従うだけの「真面目ちゃん」でもありません。彼らに共通するのは、大量の勉強をこなしたり、自分に合った勉強法をひたすら模索したりする努力であり、その努力を実現させるだけの執念です。

 

東大では理三だけに限らず、他の科類の人でも、自分のやりたいことを自覚してそのために努力してきた人がたくさんいます。この記事を読んで、「やりたいことを叶えるために東大に入りたいけれど、東大なんて自分には無理だ」と決めつけるのではなく、「自分でもやり方を模索すれば東大に入れるかもしれない」と少しでも思っていただけたら嬉しいです。

 

H.S.のプロフィール画像

H.S.

理三→医学部に進学。外国語を話したり書いたりする練習をしなくてはと思いつつもなかなかうまくいかない今日この頃。