Carpediem Life
2022年東大入学式における河瀨直美氏の祝辞への批判が見落としていること

2022年東大入学式における河瀨直美氏の祝辞への批判が見落としていること

2022年4月12日、東京大学の入学式が行われました。4月12日は東大の建学記念日で、入学式はほぼ毎年この日と決まっています。

 

そして、東大の入学式というと毎年話題になるのが、来賓の方による祝辞です。なぜ話題になるかと言えば、それはこの「祝辞」が単なる新入生のお祝いに留まらないからでしょう。

 

そんな東大入学式の祝辞を今年担当なさったのは、映画監督の河瀨直美氏でした。そして、河瀨氏の祝辞中における発言が、多くの議論を呼んでいます。

 

今回は、東大生の僕なりにこの発言について考え、その真意について探っていきます。

 

なお、河瀨氏の祝辞全文はこちらからご覧いただけます。ぜひ原文を読んで、自分なりに考えていただきたいです。氏の言葉を借りれば、「あなた自身の想像力をもって真理を見つけ」てください。

 

何が批判されているか?

問題となっている河瀨氏の発言は、主に以下の部分です。

 

……例えば「ロシア」という国を悪者にすることは簡単である。けれどもその国の正義がウクライナの正義とぶつかり合っているのだとしたら、それを止めるにはどうすればいいのか。なぜこのようなことが起こってしまっているのか。一方的な側からの意見に左右されてものの本質を見誤ってはいないだろうか?誤解を恐れずに言うと「悪」を存在させることで、私は安心していないだろうか?……そうして自分たちの国がどこかの国を侵攻する可能性があるということを自覚しておく必要があるのです。……

(以上引用)

 

これに対しては、一般人のみならず、国際政治学者の方々から痛烈な批判が集まりました(具体的には、こちらが参考になります)。

 

特に問題となっているのは、「その国の正義」という部分です。

 

この箇所は主に、「ロシアにも言い分があり、ある程度耳を傾けるべきだ」という、いわば「どっちもどっち」論のように解釈されています。

 

そして、そう解釈した多くの人や専門家等から、厳しい批判が浴びせられています。

 

確かに僕自身、今回のウクライナ侵攻においてロシアを擁護するつもりはありません。ウクライナ側からしても、我々の側からしても、そしてすなわち国際法秩序からしても、「正義」がロシアにあるとは言えないのは明白です。

 

しかしその上で、この祝辞は「どっちもどっち」ということを言っているわけではないと私は考えます。

 

厳しい言い方をしますが、この祝辞を批判する方々は、「ロシア=悪」という図式を念頭に置きすぎるあまり、祝辞の内容を曲解していると言わざるを得ません。

 

そもそも河瀨氏は「どっちもどっち」と言いたいのか?

 

河瀨氏がここで言いたかったのが、「ロシアとウクライナはどっちもどっちである」でないならなんなのか。

 

それを理解する鍵となるのが、金峯山寺に関する話で登場する「福もウチ、鬼もウチ」という掛け声です。多くの批判は、これを見落としているのかもしれません。

 

そもそも河瀨氏は、ロシアを不正義=「悪」であると断罪すること自体は否定していないと考えられます。

 

確かに一見すると、「悪と断罪するのは簡単だが、よく考えれば彼らにも正義かもしれない、どっちもどっちだ」と言っているように読めるでしょう。

 

しかし、「その国(ロシア)の正義がウクライナの正義とぶつかり合っているのだとしたら」という箇所は、別の読み方が可能です。それは、「その国の正義」「ウクライナの正義」という場合の「正義」と、共通認識たる法秩序としての「正義」とは異なる、というものです。

 

この読み方に基づくと、「その国の正義がウクライナの正義とぶつかり合っている」とはどのような状態でしょうか。

 

それはおそらく、以下のような状態だと考えられます。

 

ロシア視点:ロシアが正義・ウクライナが悪と思っている

ウクライナ(その他支援国)視点:ウクライナが正義・ロシアが悪と思っている

 

つまり、「ロシアに共通認識としての正義がある」「絶対的な正義なんて決められない」と言うのではなく、「あくまでロシアの視点において、ロシアは自分のことを正義だと考えている」と言っていることになります。

 

その場合、ロシアの自己評価が共通認識としての正義からすればおかしいとしても、その評価を外から強制的に修正することは難しいでしょう。

 

このように、互いが互いを悪だと捉えて争っているこの状態において、「それを止めるにはどうすればいいのか」「なぜこのようなことが起こってしまっているのか」を考える上で重要になる考え方こそ「福もウチ、鬼もウチ」です。

 

重要なのは「福もウチ、鬼もウチ」

 

「福もウチ、鬼もウチ」という掛け声では、「鬼」は「鬼」、すなわち悪であることが前提となっています。つまり、それ自体を疑いたいわけではないということです。

 

むしろ、この掛け声において大切なのは、「あるものを鬼=悪であると判断すること」と、「それを完全に排除してしまうこと」とを区別しているということです。

 

私達が普段慣れ親しんでいる掛け声は、「鬼は外、福は内」です。これはまさに、「鬼=悪と判断したものを外に排除すること」にほかなりません。つまり私たちは、断罪と排除を一体として捉えがちだということです。そして、悪を見つけて排除した我々は、つい「安心」してしまうのではないでしょうか。

 

しかし、排除してしまってはその後の進展がありません。相手が悪だと判断したとしても対話は継続する、最低限の交流は保っておく、ということが大切です。なぜなら、完全に排除してしまうことは、かえってひどい結果を生みうるからです。

 

国際社会から孤立した国が暴走したということは、これまでの歴史にも例があります。その一つとして、国際連盟からの脱退後、最終的に太平洋戦争へと突き進んだ日本を挙げることができるかもしれません。そうだとすれば、将来の惨禍を防ぐためにも、相手の意図を探るやり取りを続けるべきだと考えます。

 

悪を見つけ外へ排除して安心するのではなく、あくまで「ウチ」で可能な限りやりとりする。長期的に見て、真に紛争のない世の中をつくるには、この考えが重要でしょう。もちろんこれは、現在も進行中の紛争においてウクライナが降伏すべきであるとか、ウクライナ側にも責任があるという主張とは異なります。

 

河瀨氏に批判が集中した事自体が象徴的

 

今回、河瀨氏には各界から多数の批判が寄せられました。「なぜ彼女を東大の祝辞に呼んだのか」という意見も見られます。

 

いち著名人が東大の入学式でなした発言に意見が寄せられるのは、ごく自然なことだと思います。祝辞は全文が公開されますから、特に意見が集まりやすいです。そして当然、意見の中には痛烈な批判があってよいでしょう。

 

しかし、その人が仮に「正義」からみて明らかに間違っていることを言っていたとしても、それを簡単に「排除」してしまっては議論にならないのではないでしょうか。

 

多くの人が「その国(ロシア)の正義」という発言を痛烈に批判し、ともすれば排除せんとする風潮が見られたことは、まさに河瀨氏が指摘した事態とも言えそうです。

 

「福もウチ、鬼もウチ」の重要性が、皮肉にもこの祝辞を通して証明されたようにも感じます。





河内誠人のプロフィール画像

河内誠人

カルペディエムLIFE編集長。法学部で勉強中。数年ぶりに紙のカードゲーム(デュエルマスターズ)復帰しました。